Semio

雑念アーカイブ

言葉の解像度

どうして学者や哲学者の書く文章は難しいのか。 それは彼らの使う言葉が難しいからである。 ではなぜ彼らの使う言葉は難しいのか。 それは、彼らの見ている世界が、僕らの見ている世界より、ずっと解像度が高いからなのだと思う。 例えば、ここで出した「解…

『インクレディブル・ハルク』ハルクの動物性とエミルの一途さ

ストーリーは単純、アクションは迫力があって良い。軍はハルクを追っていて、ハルクは逃げながら治療法を探していて、軍が張り切りすぎちゃって怪物を作りだし、尻拭いをハルクにさせる。 アクションシーンは良くて、軍とハルクが広場で戦うところや、最後の…

バッチリ化粧をして遅刻すること

ちなみに僕は男なので化粧はしないのだけど、こちらの方が端的かと思って「化粧」とタイトルにつけた。 僕の場合は、化粧ではなく整髪になる。僕は出かける前に、寝癖を直し、整髪料をつけて髪の毛を整える。まあ「身だしなみ」である。 僕が悩むのは、遅刻…

「日本アゲ」と「日本サゲ」

「世界から賞賛される日本人」的な記事や言説(以下「日本アゲ」)がある。一方で、「恥ずかしい日本」「だめな国、日本」的な記事や言説(以下「日本サゲ」)もある。 僕はこのどちらもあまり好きではなく、どちらの記事を読んでもマイナスな気持ちになるか…

『カードキャプターさくら』「私ー私の周囲」という構図

CCさくらに見る女子小学生の欲望・自分を全肯定してくれる女友達(ともえちゃん)・完璧な憧れの対象(ユキトさん)・かわいい小動物(ケロちゃん)・BL(トウヤとユキト)・安心して甘えられる[ぶりっ子できる]相手(お兄ちゃん)・自分を理解してし見守…

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』フィクションへの逃避と現実

この映画、見返して思ったけど、「辛い現実」と「空想による現実退避」って『パンズ・ラビリンス』とまったく同じだな、と思った。主人公の結末も似たものだし。 『パンズ〜』では物語に、『ダンサー〜』ではミュージカルに主人公は逃避しているんだけど、こ…

「なにそれ美味しいの?」

「何それ美味しいの?」っていうのは「知らない」の最愚形としてたまに使われている。 バカっぽいことがこの表現の重要な点なんだけど、その為に使われているのが「食べる」という行為なのは何故なんだろう。 まずこれが可笑しい為には、対象が全然食べ物じ…

人類は冬眠するように進化するべきだったのでは。 もし人類が冬眠する種だったら、暖房にエネルギーを使わなくてもいいし、窓の結露に悩まされなくてもいいし、必要な食料も減るし、かさばる冬服も要らないし、毛皮のために動物を殺す習慣もないし、戦争も冬…