読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Semio

雑念ブログセミオ

「日本アゲ」と「日本サゲ」

「世界から賞賛される日本人」的な記事や言説(以下「日本アゲ」)がある。一方で、「恥ずかしい日本」「だめな国、日本」的な記事や言説(以下「日本サゲ」)もある。

僕はこのどちらもあまり好きではなく、どちらの記事を読んでもマイナスな気持ちになるから、もうあまり読まないようにしている。

だがしかし、どうして僕はこういう記事に感情をかきたてられるのだろうか。

 

まず、こういった文章の中で書かれる内容が事実なのかどうか、その筆者の観点が妥当なのか極端なのか、そういったファクトチェック的なことは僕の知識や経験からは出来ないことが多い。正直あまり真面目にそれをやろうともしていない。

ということで、アゲであってもサゲであっても、内容の信憑性について怒ったり悲しんだりしているわけではない。専門家であれば「これは(この見方は)間違っている」という理性が憤る気持ちの元なのかもしれないが、僕の場合はそうではない。僕はいつも「本当かもしれないし、嘘かもしれない」というくらいの気持ちでそういった記事を読んでいる。

つまり、アゲでもサゲでも内容それ自体については、僕の感想は「よく分からない」であって、だから、それによって感情を動かされているわけではないと思う。

 

僕はあまり「日本人」ということにこだわりがない。日本社会に感謝していないとか、日本人が嫌いという意味ではない。周りにいる人は嫌悪を感じる人より好意を感じる人の方が多いし、この社会に概ね感謝している。

だがしかし、自分のアイデンティティとして「日本人」という属性にはあまり特別な感情がない。僕が感謝しているのは僕を育ててくれた社会のシステムや地域や身の回りのリアルな人であって、「日本」というシンボルではない。

だから、例えばオリンピックなどで皆が「日本人」を応援する姿に、僕はまったく共感できない。だって知らない人だし、関わりのない人だから、日本人だろうが外国人だろうが応援する気になれない。スポーツ選手はみんな努力しているのだから、誰が勝ったっていいし、負けてもしょうがない。オリンピックにおいて僕は部外者なのだから、良くてもただ感心して見ているのがせいぜいであって、気持ちを込めて応援なんてできない。

 

というような人間であるから、日本アゲを見ても、「それは「日本」というよりその人(会社、仕組み、文化など取り上げられている個別具体的な対象)が凄いのだ」と、ただただ思う。凄いのは自分ではないし、その記事の読者でもないし、日本人全体でもなく、取り上げられている人や物事なのだ、と思う。

 

なので、そこに「だから”日本は”凄い」的な言葉が入るのには違和感がある。

もちろん、そういう人物や物事を生む日本の土壌というものは否定できない。それは誰しも一人で生きているわけではない、というのと同じことだ。だがしかし、大雑把に「日本」とくくってしまうと、それは違うのではないかとも同時に思う。

「日本」という言葉は抽象的な属性に過ぎないので、それ自体では何の意味もない。

その素晴らしい人や物事が、日本の何をベースに生じたのかを語らなければ意味が無いのだと思う。それは教育なのか、コミュニティなのか、社会制度なのか。しかもそれが具体的でなければいけないと思う。「日本人の優しさ」とかではなく、「ある担任の先生の優しさ」とか、「人を見捨てない社会のおかげで」ではなく、「国民健康保険のおかげで」とか。

漠然とした「日本」というファンタジーではなく、具体的な対象をちゃんと押さえるべきだとは思う。

 

かといって、こういった記事を日本人読者を気持ちよくする為だけのしょうもない記事だ、と切り捨てるタイプの日本サゲにも違和感がある。

というのも、読者に対する効果はさておいて、記事の中で取り上げられる人や物事が素晴らしいのであれば、それはそれで記事にする価値があると思うからだ。それを「しょうもない日本アゲ記事だ」的に攻撃するのは、そこで紹介されている人や物事に対して失礼な行為なのではないかと思う。

日本人が日本人を(日本の事を)ポジティブに紹介しているから、という理由でそういった記事や言説を嫌悪するのは、それはそれでちょっと行き過ぎていると感じる。

 

また、「日本人の性格は〜」「日本の教育は〜」「日本の社会保障は〜」「日本の労働環境は〜」というタイプの日本サゲも、変に「日本」という属性にこだわり過ぎている気がしてならない。

それはそのシステムや、ある個人、ある事件が悪いのであって、そこにいちいち「日本」という属性をかぶせてくるのは、結局は日本アゲ記事と同じで、具体的なことではなく「日本」というファンタジーで人や物事を捉えているからなのではないだろうか。

もちろん、良い事の場合と同様、そういった悪を生む土壌が日本にあるのは事実だろうが、それでも日本アゲと同じで「日本は悪い」とひとくくりにして言ってしまうのは乱暴だろう。

 

というのは、なんとなく僕の「日本アゲ」「日本サゲ」双方の記事に対する違和感なのであるが、問題は僕個人が何に感情を動かされいるか、ということなのであった。(別に批評や批判をしようとしているのではない)

最初に述べたように、僕はこういった記事をかなり半端な態度で読んでいるので、内容自体に対する憤りというものはあまり感じない。上述のように違和感はあるが、それ自体が感情を引き起こすほどのものではない。

 

それで考えてみると、まず「印象操作されようとしている」という自意識(被害者意識)が僕の感情の元かもしれない。

前述した通り、僕にとって「日本」とは、それ自体では意味のない属性に過ぎない。なので「日本は良い」とか「日本が悪い」というのはまったく意味をなさない。

それでももし、「良い/悪い」という判断を下そうとするのであれば、「日本のナニナニ」という内容物をすべて評価しなければいけない。ありとあらゆる歴史上の事件や、制度や、思想や、文化、もちろん人も。そしてかつ「日本」を評価するためには「日本以外」も評価し、その差を考えなければいけないだろうから、世界についてのあらゆることを評価しなければならない。

その後でしか「良い/悪い」は判断できないはずであるし、もし仮にすべてを評価した人がいたとしたら、とても一言で「良い」「悪い」なんて言えない、と考えるのではないだろうか。

 

いやいや話を大きくし過ぎている、と感じるが、そうではない。僕はある「一部」の良い悪いを「日本」の良い悪いに拡大しているタイプの記事や言説に違和感を覚えている。つまり「部分=全体」というタイプのものである。

僕は部分は部分として語るべきだし、全体は全体として語るべきだと思っている。だから「日本が良い/悪い」というのであれば、日本と世界のすべてを評価しなければいけないのだ、ということだし、「日本の権利意識のこの部分は先進国の中でも劣っている」とか「海外におけるある日本の団体の成果」という類の、部分を部分として具体的に語る記事については、ここでは問題にしていない。

 

「日本」という属性はあまりに巨大で、今ある悪にせよ、良いところにせよ、「日本」の極々極一部でしかない。いくつかの例を元にして、「だから日本は〜」というのは、「あなたの小指の爪の形からして、あなたは〜だ」と言われているようなものだ。

この薄っぺらいペテンにあっているような感覚が、僕の中で感情を引き起こしているのかもしれない。

 

しかし、僕がどんなに「ペテンだ」と憤ったところで、そういった記事を書く人たちに「あくまで主観である」といわれたらオシマイだ。実際、ひとりの人間が体験する「日本」は常に「日本の一部」でしかないから。

けれどまあ、「日本」という漠とした属性は、興味があろうがあるまいが、好きだろうが嫌いだろうが、一応日本人として生きている人間すべての共有物であって、その属性の変化の影響は全「日本人」に及ぶものなのだから、あまり主観でアゲサゲしてほしくないな、というのが僕の主観である。

批判も賞賛も個別具体的な対象に、それに関係がある範囲ですればいいのであって、その時にいちいち「日本」なんていう大きな枠を持ってくる必要は多くの場合ないのではないだろうか。

結局は、具体的な人・物事を明確に、かつ妥当性や証拠を持って語れない人が、安易に「日本」という漠然とした属性を持ち出して使っているだけなのではないだろうか、という気もしている。

繰り返しだが、アゲもサゲも、変に「日本」という属性に気を取られすぎている。そんな漠然と見ていても、何も分からないし、何も変わらない。