読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Semio

雑念ブログセミオ

セクシーな広告、卑猥な広告

www.huffingtonpost.jp

国際女性デーの前後、フェミニズムっぽい感じのニュースがたくさん流れていた。

いくつかインパクトのある記事があった。やや軽薄だとは思いつつ、門外漢としては、こういうキャッチーなニュースの方がとっつきやすいのは事実である。

そして、ハフィントンポストに掲載された上記事を読んで、納得もできるような、しかし違和感もあるような気持ちになった。

(ちなみに僕は、普段こういった問題にあまり関心のない男性である。そういうやつの考えたことである。)

 

 

問題は2つである。使われた写真が女性の尊厳を損ねるものなのではないか、という事と、モデルが痩せ過ぎていて、社会に悪影響がある、という事だ。

 

 

まず、写真の問題であるが、パッと見た時、たしかにこれはセクシーを通り越して、卑猥な感じはした。「レイプを扇動している」とまで言えるかは微妙だが、単に女性が肌を露出している、というような物とは違うかな、という印象を持った。

ある類の雑誌等の中であれば許容されるのかもしれないが、これが街中に貼られていたら、個人的にはちょっとギョッとするかな、と思う。

(記事を読めば分かるが、「レイプを扇動している」という批判は、あくまで「あるひとつの意見」であって、全体的な批判ではない。ひとつの意見を「代表」のようにタイトルにつけるのもどうかと思うが。)

いろいろ意見はあるだろうが、この広告は卑猥だ、という前提で僕は考えてみる。

 

 

所謂「セクシーな広告」と、この「卑猥な広告」の差は何なのだろうか。僕は「ポーズ」が問題なのだと思う。

紹介されている2つの写真。1つは股を開いてこちらに向けているもの、もうひとつは椅子に上半身を預けて、お尻を突き出しているものだ。

どちらも、上半身はほぼ露出はなく、露出は腰から脚の部分に限られている。露出量だけで考えれば、恐らく下着の広告などの方が大きいはずだ。だから露出量の問題ではないだろう。

考えようによっては、むしろ下半身だけが露出している、というバランスが、逆に卑猥さを拡大しているのかもしれない。もちろんいろいろな趣味があろうが、基本的に性行為はお互い全裸でするのが一応「スタンダード」であろう(一般論ですよ)。そんな中、下半身だけが露出している、というのは、やや暴力的、粗暴な感じがしないでもない(あくまで個人的な意見です)。そこにも「女性の尊厳が踏みにじられている」という印象を生む元があるのかもしれない。

 

 

だけれど、やはり僕は服の着方というより、ポーズの方が大きな問題だと思う。

2つのポーズ、どちらも性行為を喚起するようなポーズである。すべての人がそう思うかどうか分からないが、少なくとも僕はそう感じたし、そう感じたからこそ「卑猥だな」という印象を持ったのだと思う。

ポーズなんて関係なく、女性が自分の身体を見世物として使うこと自体を嫌う考え方もあるだろう。エマ・ワトソンの問題は、まさにそういう問題であったように思う。

 

www.huffingtonpost.jp

だが、個人的にこれには同意しない。女性の身体は芸術作品の題材によく用いられるほど魅力的な視覚的モチーフだし、それを性的興奮に結びつける人がいるからといって、だから使ってはいけない、隠さなくてはいけない、見せること自体が女性の尊厳を損ねる、とは僕は思わない。

そこに「セクシーな広告」と「卑猥な広告」の差もあるように思う。

 

 

先述したように、「卑猥だ」という印象は、ポーズが性行為を喚起、連想することから生じていると思う。「セクシーな広告」と考えられるものは、女性の身体の美しさ、女性らしさを誇張していたとしても、必ずしも性行為を連想するようなものでないものをいうのではないだろうか。

試しにGoogleで「下着広告」と画像検索してみる。

いくつかの写真は性行為を喚起する可能性がある(特に寝転がっているポーズなど)。だが、多くの写真で取られるポーズは、「性的」というより、直接的には「女性らしさ」「可愛らしさ」「楽しさ」「自信」などを感じるポーズだと僕には見える。

もちろん、これらをポルノ的に見ることは可能である。間接的には性行為まで連想させることは可能である。だから、問題はどこまでを「直接的に性行為を喚起するポーズ」とし、どこからを「直接的には性行為を換気しないポーズ」とするかの線引の話なのだと考えられる。

 

 

「そんなものは個人の見方による」と切り捨てるのは簡単だが、考えてみる。

例えば、単純に「性行為中に有り得るポーズかどうか」とすればどうだろうか。上記事で取り上げられている写真のポーズはそうである。だが、下着広告などで、例えば女性が片手を腰を当て、胸を張っているようなエレガントな立ちポーズ。これはどう考えても性行為中に有り得そうなポーズではない。

だがしかし、「セクシーな広告」と言えそうなものの中にも、性行為中に有り得そうなポーズのものはある。例えば、腰を折っていると途端に「有り得る」ポーズになってしまう。しかし、それらは大抵正面から撮られていて胸を強調する形になっている。これはあまり性行為を直接喚起するとは僕は感じない。

だが、同じポーズでも後ろから撮られていたら話は別だろう、という気はする。やはり、下半身を強調するか、上半身を強調するかで、だいぶ印象は違いそうである。

まあ、この話は、全員のコンセンサスを得るのは無理な気がするが、複数人で話し合えば、ある程度の一般的な境界は立ち現れてきそうなものではある。

 

 

 

 

 

もう一つの問題。「モデルが痩せすぎ」問題がある。これに関しては、僕はただただ暴言だと思った。

細身なモデルが多いことによって、女性の理想とする体型のスタンダードが健康的な体型からズレている、という話は知っている。それは確かに問題なのだろうが、だからといって「痩せているモデルを使うな」というのはやはり暴言だと思う。

このモデルさんはそういう体型で生きているのであって、それを活かしてモデルの仕事をしている。そして、広告の作り手も企業も、彼女のこの姿に価値を感じて仕事を依頼し、お互い仕事を真っ当したわけだと思う。

「痩せているモデルなんか使うな」というのは、このモデルさんやその仕事に対して、大変失礼だし、攻撃的な発言なのではないか、と感じる。「お前の体型は社会に悪影響を与える悪い体型だ」と言っているようなものだ。

「痩せすぎ」が社会問題だったとしても、ではこのモデルさん個人の権利や尊厳はどうなるんだ。結局、自分たちにとって都合のいいスタンダードを称揚し、それ以外は排除するなら、それはそれでまた差別的である。